重要なお知らせエリアを非表示

4410ART shishidoryuji official shop

こころをテーマにしたアートです こころの奥の自分だけの気持ちとつながる
それがわたしが思うアートです

宍戸竜二/イラストレーター・アーティスト わたしのこと

なぜ絵を描くのか

 自分の心の奥の本心に触れる。それがわたしにとって絵を描く、ということでした。
 そこには自分だけの自由な世界があり、寂しかったことや嬉しかったことなど、小さい頃に忘れてしまった大事な想いががたくさん詰まっていました。

 生きることに苦しんでいたわたしは、絵を描くこにより再びその自分だけの場所と出会い、その世界を味わい、忘れていた大事な気持ちを思い出すことができました。
 大人になり、常識に囚われ、小さい頃の自分の想いをどんどん忘れていってしまう。それによって人は苦しむのだと知りました。

 我々が豊かに暮らしていくためには、その小さな想いを忘れずにいる。ということが欠かかせないことだと思います。
 アートには、それを想いを思い返させる素晴らしい力があると信じています。その体験を多くの人にも実感してもらいたくて、わたしは今日も絵を描いています。つづく…

コンセプト アートを入手する3つの方法

  • 01

    所有する

    自分だけのアートを購入
    自分が選んだアートとは、つまり目で見ることのできる心の奥のもう一人の自分でもあるということ。
    そのもう一人の自分と共に日々を一緒に過ごすということは、とても豊かな体験になることでしょう。 アートから受ける印象を感じ、自分の心の奥を探索するのはいかがでしょうか。 すでに描かれたたくさんのアートの中から、お気に入りの作品を選べます。

    カテゴリ「ご購入」よりご希望のアートをお選びください。
  • 02

    創る

    自分だけのこころを描く
    自分の本心が知りたいとき。自分だけのこだわった世界を求めたくなるのだと思います。わたしの作品世界を使って、あなただけの一枚を創り出すことをお手伝いします。 できた絵は、きっとあなたがあなたらしく生きていくことの手助けになることでしょう。

    カテゴリ「オリジナル制作」よりご希望の制作をお選びください。

    photo / ArtScouter Artproject ライブペンティング @NTTdocomo代々木ビル  
  • 03

    インスピレーション

    自分だけのアートを制作
    わたしが絵を描くときは、自分の心の奥に静かに佇む「記憶」のような感覚と繋がることからはじまります。そこからインスピレーションを得て、モチーフや構図や色を決めていきます。 その「記憶」には、小さかった頃の自分の言葉や感情や感覚などがおさめられています。 そしてその記憶の掘り下げは、他人へも向けることができるのです。わたしがあなたから感じたあなたの心の奥の感覚を、わたしの世界観を使い、インスピレーションアートとして表現します。人と人は必ず無意識の中でもコミュニケーションをしていると言われています。そうして出来上がった絵には、今まで気がつけなかった、もう一人の自分が現れているかもしれません。

    カテゴリ「インスピレーションアート」よりご希望の制作をお選びください。

Pick Up ピックアップ

イラストレーションと小説 宍戸竜二個展「ハピネス」 2020年9月28日(月)-10月3日(土)

イラストレーションと小説 宍戸竜二個展「ハピネス」

都内外苑前にありますギャラリーハウスMAYAにて個展を開催いたします。 新作イラストレーション15点と、それにまつわる小説を書き上げました。絵と言葉がで表現された世界観をお楽しみください。 ウイルス蔓延などの影響で外出を控えている方々のために、WEB上で個展も同時に開催します。 VIEW MOREよりご覧ください。 2020年9月14日〜10月3日まで公開 ✦期間限定で割引価格で作品の前売りを行います。9月14日~20日まで。 詳しくは会期前お申し込みページをご覧ください。
アメリカの3x3 Illustration Annual No.17というイラストレーションの公募でHonorable Mentionを頂きました。

3x3 Illustration Annual No.17

アメリカで毎年行われる、3x3 Illustration という公募でHonorable Mentionというものをいただきました。 審査結果の一番下の、要は入選のようなものだと思います。 ずっと気になっていてアメリカのイラストレーションのコンペ。 世界中からエントリーがあるようですし、とても格式のある公募です。 ギリギリ入選というところではありますが、このような公募で自分の名前が載るのは嬉しい限りです。 今回応募した作品は、9月の個展用に制作していたイラストです。 こちらは個展でプリントとして展示したいと思います。
ピックアップ3を非表示

Productsすべての商品

Blogブログ