2020/04/22 20:35

初めまして、ショップ運営スタッフでございます。


新型コロナウイルスの騒動も、まだまだ予断を許しませんが、みなさまご無事に過ごされていらっしゃいますでしょうか。

そんな最中、この度イラストレーターでありアーティストの宍戸竜二の作品を取り扱うオフィシャルショップ『4410ART』がオープンいたしました。


今までは企業からの受注などでイラストレーションを制作する業務を行ってきましたが、その傍らオフィスにアートを導入したいという企業から、宍戸の作品をご購入いただく機会も度々ありました。その他、個人のお客様からも直接ご要望をいただき、ジクレーアートの販売など行ってまいりました。


以前より作家自身の希望でもあり、そうしたご要望にお応えしやすくするために、販売を専門としたアートショップをオープンすることとなりました。


アートのテーマはずばり「こころ」です。

作者の宍戸は、常に自分のこころの中にアクセスし、アートやイラストを制作してまいりました。アートには人のこころを豊かにする強い力があるということを、作者自身が何度も体験してきたその経験を多くの人に届けたい。そのようなテーマがございます。


とても美しく、耐久性も高いジクレープリントの額装作品を中心に、オリジナルアートのご依頼も個人様からもお受けしていこうと思っております。

今までは企業様からのご依頼だけで、手一杯でしたが、これからは多くの人に身近にアートがある暮らしを体現していただきたく、手広く受注していかれたらと思っております。

https://www.4410art.net/categories/2246661


その中でプレミアムな企画としまして、ご依頼者様から受ける直感のイメージで風景画を描かせていただく「インスピレーションアート」のご要望も受けて参ります。

https://www.4410art.net/items/27354312


この技法は、普段宍戸が自身の作品を制作する手順の中で、作家自身の胸の奥にある感覚や湧いてくる直観などを手掛かりに制作してきたその手法を、対象をご依頼者様とし、ご依頼者様自身を表現する、そんな取り組みでございます。


5月末日までオープン記念として、全商品を半額にて販売をさせていただきます。


ご購入ならずとも、アートギャラリーとしても楽しめる工夫がをさせていただいております。

ジクレー作品には、宍戸作品の特徴として、感情や気持ちが動くような作品タイトルが付けられております。さらにはそのタイトルと絵にちなんだ小さなストーリーが文章として添えられております。

そちらもお楽しみいただければと思います。


それでは一つ作品をご紹介します。

《 ストーリー 》
------------------------------------------------------------------------------------

✦また会いましょう

「ねえおじさん、おじさんは、なんのお仕事をしているの?」
と僕は興味本位で聞いた。
「おじさんは、手紙をみんなに届ける仕事をしているんだ」
「手紙?」
「そう。君も誰かに手紙を書くだろう?」
「うん、昨日も転校した友達に手紙を書いたんだ。海で拾った綺麗なまあるいガラスと一緒に」
「その手紙はおじさんが運んだかもしれないね」
「そうなの?」
そう言うと僕の胸の中がぐわあっと広がって、真っ青な大きな空が出来上がったような感覚になった。
「君はこれからどこへ行くの?」
「今日は学校が休みだから、あの駅の裏の山を登ろうと思うんだ」
「おじさんもいつもその山をこのバイクで手紙を運んでいるよ」
「じゃあおじさんも仲間だね。支度はできている?」
「もちろん」
「じゃあ3回目の分かれ道のところの切り株のところにこの手紙を入れておくね」
 僕はポケットから小さなメモ紙を出して、おじさんのペンで大きな星を書いた。
「わかった。そのメモを見つけたらどうすればいい?」
「おじさんにあげるよ」
勇気が出る星だね。

------------------------------------------------------------------------------------

これからの時代、今までの生き方を変え、新しい方向を模索しながら経済を回していくことがとても重要になってくるでしょう。

しかし、厳しさだけではない、新しい道の幸せも待っていると信じております。

様々な工夫をしながら、4410ARTも人の気持ちに寄り添う暖かなアートを届けていきます。

自分の豊かさに目を向ける、そんな方々の味方になれるよう、そのようなアートを表現してまいりたいと思います。

それでは今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。