2020/05/28 12:15

みなさまこんにちは。

4410ARTの宍戸でございます。


新緑も力強く芽生えてくる今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか。

街を歩けば、様々樹木から落ちる木漏れ日を目にするとは思いますが、気持ちがいいですよね。

初夏の頃の木陰って。

壁に写っても心をはっとさせられますし、地面に落ちてもそのコントラストは心地よさを演出してくれます。

それに暑くなればなるほど、日向と木陰の温度の差に体も救われますよね。


僕もそんな木陰や木漏れ日がとっても大好きで、このような絵を描きました。

みなさんは、樹木が映す木陰にはどのような思いが心の中に浮かぶでしょうか。

そんな誰かの心の中の木陰を、お部屋の中から演出できればいいなと思っております。


「日曜日の朝に」というタイトルの作品です。

No.La-001「日曜日の朝に」ジクレープリント額装 L size




この作品にもこんな小さなストーリーがついております。

ストーリー

------------------------------------------------------------------------------------


日曜日の朝に


よく晴れた午前中の日差しは日曜日にふさわしく、通り行く人々の表情を華やかにしていた。

「昨日もここを通ったね」

「うん」

「この道が好きなの?」

「そうよ。あなたは?」

「僕も好きだよ。日曜日の朝に君とこの道を通るのをずっと楽しみにしているんだ」

 そう言うと彼女は、小さな鳥が鳴く方を見て、眩しそうに目を細めた。

「あなたは無人島にいかなければならなくなったら何を持っていく?」

僕の方を振り向くと彼女はそう言った。

「そうだな……、小さな花の鉢とラジオかな」

「ふうん」

それから僕らは特に言葉を交わすわけでもなく歩きつづけた。

「ほらついたよ、門があいてるね」

「私達と同じように、お弁当を食べに来てるのね」

僕らは見晴らしの良い芝生のところまで歩いた。

「この辺りでいいかしら」

「うん、遠くの山がくっきりと見えるね」

「この布を敷いてくれる、お弁当を出すから」

彼女は淡いグリーンに花柄のある布を僕に渡した。


------------------------------------------------------------------------------------